現在バハムートクライシスゼロプレイ中


by yuuyoke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リーナのアトリエ

こんばんはメッツです。
DSで12月22日に発売されたリーナのアトリエの感想です。

今回交易を中心としたゲームとなっており、従来のアトリエとはちょっと毛色が違います。

まず、システム面から
全体的にロードも早く、戦闘も高速処理ができるので悪く無いです。スキップもソコソコ速いしセーブロードも基本的に場所を選ばずできるので、システム面では快適と言えます。

バランス面
今回、難易度は高いです。というより周回プレイを前提として作ってある感じなので、
従来のアトリエ見たく、1周の中でスケジュールを決めて行くという作業からは若干遠のきます。
また、序盤もチュートリアルが若干不親切なので、どうやってお金を稼いだらいいか迷います。
従来のアトリエみたく、依頼をこなしてお金稼ぎではないので、戸惑う面もあります。

仕様なの?と言いたくなる面
調合が日数切り捨てになった。つまり1個で1.9日かかるのは1個だと1日、2個だと3日となり、少なければ少ないほど得するという結果に。またレベルも純粋に調合回数ですべて決まってしまうので、大量作りおきのメリットがほとんどありません。
また、今回は調合器具による差がはっきりくっきりと出ます。前作では器具なんて何でも同じみたいなノリだったのを反省したのかもしれませんが、極端から極端に走りすぎです。具体的には器具LvがMAXになったとたんバランス崩壊Lvになります。それまで1日1個しかつくれないのがLvが1上がってMAXになったとたん1日20個とか作れるようになります。

さて以上を踏まえた上での感想ですが、アニー以下リーズ以上といったところでしょうか。
バランスもあまり良くないのですが、かといってまったく遊べないわけではありません。
アトリエ信者としては調合要素があまりにも薄いのがだいぶマイナスポイントというのを考え、
凡作から良作の間といったところでしょうか。
若干不親切なところを超えれば良作あたりになるかもしれません。

ちょっと言葉では伝えにくいので、今回簡単なプレイ日記を書いたのでそれを参考にしてください。



1周目
プレイ開始。妖精さんの森が火事でもえ、たまたまいたリーナが犯人扱いされ、3年間強制労働を課されることに。あいかわらず理不尽な展開だが、アニーも寝ている間に島流しされたし、気にしないことに。
チュートリアルが終わり、いきなりナニをしてよいかが迷う。とりあえず近くの森で採取をして考えることに。

妖精の長老から依頼がくる。くず木を695個集めるようにとのこと。1採取で30個くらいしか取れないのに、いきなり20往復とかありえねーとか思う。他の材料を集めつつ採取するかと思い、狩場との往復を開始。10往復目くらいで、その場でテントを張ればまた採取できるようになることに気づく。

そんなこんなで集めた分を収めたら、今度は金を要求された。100万コール。桁がおかしい。そもそもアトリエでは一番高い武器防具とかでの3万くらいなのに何を言い出すんだw
とりあえずお金稼ぎするかーと、街に行く。依頼を見て、報酬がお金でないことに呆然とする。あきらかに労力とあってないぞ。
よく解らんが、交易して稼げと思い、雑貨屋で適当に仕入れて、他の街に売りに行く。赤字だった。
これはやばいと思い、近くの狩場でゲットしたアイテムを全部店売することに。結構いい額になり、もしやこれはこうやって稼ぐのかと思う。そうしてできたお金でレシピとか道具を買ったりしているうちに1年目が終わる。

未だに蒸留水しか作っていない事実に気づき、調合開始。1個で1日、2個で3日の理論がわからなくてパニックになる。まぁ、気にすまいとおもい、蒸留水を20個くらい作る。そしてレベルもあがり、そろそろアルテナ水つくるかーと思い、作り始めるが、5回連続失敗。原因は成功率0%になっていた。これはいかんと思い、蒸留水、中和剤を一気にまとめづくりするが、レベルが上がらない。詰んだ???とか思いつつ、適当に作っていると、もしかしたら数じゃなくて回数判定なのかということに気づく。とりあえず木材を消化するかと、木材集め兼調合材料集めを開始。気づいたら2年目が終わっていた。

このまま何もせずに終わりそうな気がしたので、久々に街に行くと、品揃えがいつの間にか一新していた。採取→店売でお金を作り、なんとか武器防具だけ揃える。アクセサリーは成功率0%しかないので1個も作ってない。店に売っていたレシピを買い、高レベルアイテムなら失敗しても経験値入ったりしないかなーとの夢を見、何個か試すことに。そして気づいたらタイムリミット間近。何故だ???と思っていると1個20日とか書いてあった。
よくわからないうちに1週目が終わった。そして再び起こる火事。また3年間働くとのこと。なんという地獄。


2週目
アイテム、お金はほぼ引きつきだったので、2週目はアイテム集めとお金稼ぎと割り切ることに。
交易について本格的に調査を開始する。夏はヒャッホーで冬は懐も寒いということに気づく。
基本交易で稼いで店の材料を買い占めて、コンテナに溜め込み、採取地でも同様にする。
夏交易して、冬に採取が一連の流れ。そして武器を夏に転売すると3ヶ月で200万くらいたまった。
なんだこのバランスはwこれに気づくかどうかが勝負の分かれ目な気がする。

3週目
2週目で準備は終わったので、そろそろ攻略開始することに。木材、お金を消化し、次の課題は妖精クッキー50個。とりあえず、錬金釜だけレベルMAXにして、一気に作る。時間もものすごい勢いで消えた。次に妖精パン50個。これも錬金釜で一気に作る。そして、妖精さんを雇えることに気づく。

はははーこれで楽になるのかと思ったら、ほとんど調合失敗するのでまじで使えなかった。なんというトラップ。そして次に妖精ケーキ30個。材料に妖精パンも必要だ。気づいたら3年目が終わろうとしていた。復興はまた半ば過ぎ。これは準備しないと無理っぽいなーと思い。残った期間はまた材料集めに走る。それにしても出現すらしない街があるんだがどういうことだろう。
とうぜん3年間再労働の刑に処された。

4週目
とりあえず錬金関係を潰して行くことにする。最初の期間蒸留水を1個ずつ作り、機材とレベルを上げて行く。
機材のレベルが上がったら1日1個でできるものをかたっぱしから作り、じわじわとレベル上げ。今回調合器具による差が激しいと気づく。ついでに錬金レベルもあがったし、馬車の改造、武器防具の改造に乗り出す。装備を充実させ、さらにアクセサリー、必要になる材料などを揃え、3年が終わる。錬金術学校エンドだった。

5週目
万全の準備のおかげで、問題なく依頼をこなす。ぷにぷに50匹退治とかエンカウントが大変だったが、なんとかこなす。そうしたら植物栄養剤700個要求された。とりえず慌てて器具をMAXにあげ、1日20個体制にはいり、無事クリア。火事の原因についても王国の記念碑があやしいとの報告をして、完了。これでベストエンドかーと思っていたら、妖精の森が燃えた。なぜボケ長老は対策しねーんだよwwwと思いつつバッドエンド。

6週目
攻略サイト解禁。あー特定のキャラと仲良く並んとあかんのね。というわけで無事にベストエンドを迎えれました。

なんか試行錯誤を繰り返した感じでした。妖精さんの理不尽な要求にイライラしつつも、やり方さえわかれば普通にこなせるのがとてもよかったです。
なんだかんだで妙な中毒性のあるゲームのような気がします。
そう考えると、交易とか調合とかがちょっと不親切なのがかなり損をしているんじゃないかなーと思います。
[PR]
by yuuyoke | 2009-12-31 16:41 | ゲーム感想