現在仮想通貨に投資中


by メッツ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年 01月 01日 ( 1 )

GACKTコインを考える

こんにちは、メッツです。
世間ではミュージシャンのGACKTさんが仮想通貨に乗り込んでICOをしているぞということで話題になっていますが、これはどうなのでしょうか。
幾つか思うところがあるのでまとめると

・金融資産1000万以上ないと参加不可
・最低購入が約20万円から
・ホワイトペーパーがわかりにくい
・メンバーに怪しい人がいる

このあたりがさっくりいうと問題でしょうか。しかし、GACKTさんの知名度はかなりのものでそれだけである程度の信用がついてくるようです。

さて、私なりの解釈の前にICOとはなにかですが、簡単に言うとこういうプロジェクトをするけどお金ないからお金出してよ!
その代わりにお金出した分だけ仮想通貨を発行するよ。もしプロジェクトが成功して上場すれば儲かるかもよ?ってやつです。
当然ですが、プロジェクトの成功を保証するものではなく、成功しなかったら出したお金は紙となるだけです。そのときに実はお金を持っていても返金請求などはできません。何が言いたいかというとICO詐欺ってやつがかなり多かったりするんですよね。お金だけ集めて失敗したらじゃーねーバイバイが通用する世界ってことです。

さてそれを踏まえた上で問題点を見ると

・金融資産資産1000万の条件は意味不明です。良く解釈すればお金ない人は参加しないでという親切なのですがお金持っている人のカモリストを作ってるようにも見えます。
・最低購入20万は過去にICO詐欺があったとき大抵最低購入価格が高めに設定されていました。これはわざわざICOするために色々やっているので1000円とかで投資されても困るからです。ICO界隈では最低購入価格が高いのはそれだけで詐欺の可能性高しとされています。ちなみに通常のICOは1000円もあれば参加できます。
・ホワイトペーパーって要するに事業説明書です。普通はきちんと理解しやすいように作るものですが、なんか中学生くらいが覚えたての難しい単語をいっぱい使って作っている印象です。私は内容を他のICOに投資するためのブリッジ通貨をつくりたいんだよ!そしてICO情報もあげるよ!ただし途中からは有料にするかもね。と読みましたが、正直ニーズが有る分野にはあまり見えないんですよね。現状ICOはBTCがあればどこにでも応募できますし。他にも調達資金が何千億とかとんでもないし、余った通貨をどうするかも明言していません。
・メンバーについては割愛しますが、いわゆる詐欺に関わった疑惑のある人がメンバーの中核にいるそうです。

簡単にまとめると、超絶詐欺臭のするICO案件ということになります。
しかし、世の中には詐欺だ詐欺だと言われ続けて上場を果たしたコインもあるわけですので、未来は誰にもわかりません。
参加する方はGACKTさんに寄付をするつもりで買えばいいんじゃないでしょうか?投資は自己責任ですしね。

でもこれに人が群がって詐欺だったとなって仮想通貨自体がネガティブな印象を強く持たれそうな気もします。

[PR]
by yuuyoke | 2018-01-01 08:32 | 仮想通貨